今日読み終わった本

運命の波にのる魔法のクセ(習慣)
運命の波にのる魔法のクセ(習慣)
クチコミを見る

この本の中には、沢山の

「そうそう、わかるわかる!!」という事や

「やっぱりそうだよね〜〜」という事が書いてあります

 

この本の中では、

成功するための、そして成幸するために

カレンダーの数字に合わせ

その数字の持つ意味や、数字に合わせた

その日に意識すること、癖にしましょうという提案が

一つずつ書いてあります

 

最後のほうにはカレンダーを超えた数字

32、33があって、その33に書いてあった事が

とても私の中で納得できました

 

それが「センタリングする

私たちは常に2元論の中に生きていると・・・

「大きい・小さい」「多い・少ない」「高い・低い」

「成功・失敗」「戦争・平和」「正しい・間違い」

「パジティブ・ネガティブ」「光・闇」・・・

 

そしてそれらすべてに「良い・悪い」を付けようとしていると

 

「大きい」は「良い」、「小さい」は「悪い」

「ポジティブ」は「良い」、「ネガティブ」は「悪い」

「成功」は「良い」、「失敗」は「悪い」など

 

確かにそうだと思います

でも世の中、失敗があるから、その先に成功があるし

すべてを良い・悪いに分類し、どちらかに偏るのは

エネルギーのバランスが悪いと・・・

 

ポジティブだけを追い求めれば偏ってしまい

もとにもどそうという力が働いて

強制的に「真中」にもどされるそうです

 

確かにそうだと思います

 

例は全くよくありませんが

私の場合、前の日宴会で超ハイテンションになった後

次の日と言ったら、必ず、軽い鬱状態になります

 

これもおそらく似たようなことなのだと

妙に納得です

 

この本では、「だったら最初から真中」それが成功

そして「成幸」とあります

さらに次が重要です

 

「真中」に居続けるために重要な「習慣」は、

「いつでもどんな時でも、自分を責めない、

すべてに良い・悪いを付けない」

 

そしてそれには

「あるがままの自分をまるごと、受け入れる」

とあります

 

まさにその通りだと思いました

 

とかく人間は、自分の周りで起こることに

一喜一憂し、何が悪かったんだろう

もしかして自分が悪かったのか

もしかしたら、あの人が悪いに違いないなどと

良い・悪いを決めたがるところがあります

 

でもそれは、単なる事実だけであって

自分をニュートラルにすることにより

どんな状況にも、常に冷静に対応できるようになります

 

なります」などと偉そうに言いましたが

私もまだまだ、出来ていない時が、たくさんありますよ

 

実は、ニュートラルで居続けようと

常に心がけてはいますが・・・

 

頑張らなくても自然にできるようになったとき

きっと今よりずっとずっと

幸せになっているのかなぁ〜〜

 

お読み頂きありがとう御座います

ブログランキング

 

 応援!よろしくお願いします
是非クリックして下さいね