トプカプ宮殿には今までに2度行きましたが
まだまだ見きれていない気がします

フランスのルーブル美術館は、全てくまなく観るのには
1週間掛かると言われているようですが
トプカプ宮殿も、さらっと観るなら半日で観ることはできますが
それでは素晴らしい建物の細部のデザインを見過ごしてしまいます

宮殿の中に入る手前の門だけでも、しばらく語れるくらいですから

アヤソフィアを左手に見ながら建物ぞいに左に曲がると
正面に皇帝の門が現れます
P5211781
P5211790
この門をくぐると公園のようになっていて、左の奥には考古学博物館
さらにその裏に、古代東方博物館、装飾タイル博物館があります
P5211792
それらを横に見ながら歩いて行くと、正面に表敬の門が見えます

P5211804
P1234169
これぞお城の門と言った感じですね
その昔、スルタン以外は、ここで馬から降りなければならなかったそうですよ

ここまでは無料ですが、表敬の門から先に入るためには、入場料が必要です
P5211807
門の中に入ると、チケット売り場があり、そこでチケットを購入
P5211808
そして空港のセキュリティーのように、荷物をX戦検査の台に乗せ、
自分はセキュリティーゲートをくぐり、初めて中に入ることができます

ずいぶん大げさだとも思いますが、悪いことをする人もいるかもしれません
中の宝物館を観て思いましたが、一体どれだけの価値があるのか想像もつかないくらい
煌びやかで、そして歴史的価値のある物が満載ですから〜

ふと、ルパン三世なら、どうやってここを狙うだろうか
などと妄想を巡らせてみたりして・・・

宮殿の中の全てのものは、見るだけで十分素晴らしいのですが
ゲートをくぐるとすぐ右手に音声ガイドの機械の貸し出しブースがあります

機械の貸し出しにはパスポートを預ける必要があるので
普段ホテルのセーフティーーBOXに入れて歩いている場合は
忘れないように、気を付けましょう

なんだか、ガイドブックの注釈のようになってしましましたが
日本語対応器もありますので、是非ここで借りて
それぞれの歴史背景なども、合わせて見学すると
一層充実した時間を過ごせること、間違いなしです

中の話は別な機会にまたしますが、帰りに一つ気づいたことがありす

皇帝の門に向って歩いていると、真正面にブルーモスクが美しく見えています
なんと、皇帝の門と、ブルーモスクは向かい合って建っていたのです
きっと計算されて建てられたのですね〜
P1234266
P1234267
なぜか、妙に感動してしまいました



ポチッ!と宜しくお願いします〜 ⇒ 
                            トルコ(海外生活・情報) ブログランキングへ

sultan_01
トルコ雑貨のオンラインショップ

CUBE
Cube Stationは小さな雑貨屋さん