スィルケジ駅からトラム1号線に乗って、ガラタ橋を渡り
ヨーロッパサイドの最初の駅、カラキョイで降り、そこからガラタ塔を目指します
P6056393
P6056387
はじめてガラタ塔に行った時には、場所がよくわからず
カラキョイ駅のすぐ目の前にある1区間だけの地下鉄、
デュネルに乗ってベイオールまで行き
そこから歩いて戻る形でガラタ塔まで行きました

良く良く地図を見ると、ガラタ塔はカラキョイとベイオールのちょうど真ん中に位置していました

と言うことで、2度目以降は、カラキョイから歩いて行くことにしました

カラキョイからガラタ塔までは、かなり急な上り坂が続きます
その途中にカモンドの階段があります
せっかくですから、地図を頼りにその階段を探しながら坂を上ります
P1217524
地図を見ると、こんなところに?と思うほど狭い道を通らなくてはなりません

おじさんたちがチャイを飲みながら道路を挟んで井戸端会議中です
このおじさんたちは一体何の仕事をしているのでしょう
昼間からこんなところで油を売っていて良いのでしょうか

3Mほどしかない道の会話の間を恐る恐る
しかしなんともない振りをして、何とか通り抜けました

さらに急な坂を登っていくと、その先に
一見してあれだとわかる階段が見えました
P1217525
なんて可愛らしい階段なんでしょう

カモンドの階段は、19世紀にユダヤ人の銀行家だった
アブラハム・サロモン・カモンドによって寄贈されたそうです
P1217526
ゆっくりと楽しみながらこの階段を登りきったところで
ガイドブックをチェックしている1人のご婦人に合いました

何気なくそのガイドブックの表紙に目をやると
なんと『地球の歩き方』と書いてあります
これは声を掛けずにはいられません

一人旅をしていると、時々合う日本人に、ついつい声をかけてしまいます
その時もほんの10分ほどの立ち話でしたが
ご主人の出張に一緒についてきたこと、ご主人がお仕事中
一人で観光を楽しんでいることなど、色々お話を聞かせてくださいました

良いご旅行を〜とあいさつをして、彼女は階段を降りて行き
私はガラタ塔を目指し、さらに商店街の坂を上って行きました
P1217531
もう2度と会う事は無いかもしれないけれど、一期一会ですね〜
私にとって、大切な旅の1ページになりました

目的地のガラタ塔に到着
P6056404
今回は、ガラタ塔へ徒歩で行く、ルート探しが最大の目的だったので
塔には登らず、先ほどのご婦人との会話の余韻に浸りながら
ガラタ塔の目の前の素敵なカフェで、コーヒーを頂いて帰ってきました
P1237661
お茶をいただきながら、隣の席でサラダを食べている素敵なごレディーを観察〜
人間ウォッチングも、また楽しい



ポチッ!と宜しくお願いします〜 ⇒ 
                            トルコ(海外生活・情報) ブログランキングへ

sultan_01
トルコ雑貨のオンラインショップ

CUBE
Cube Stationは小さな雑貨屋さん